無料電話

無料相談

メニュー

知って安心!外壁塗装のチラシでチェックすべきポイントとは?

  • この記事のカテゴリー
  • 塗装会社の選び方
  • 外壁塗装の基礎知識

No,45

外壁塗装工事についての情報を集めていると、外壁塗装業者からのチラシに目がとまることもあるでしょう。そんなとき、「キャンペーン実施中!」や「安くなります!」などのキャッチコピーにばかり注目してしまい、どの業者に外壁塗装を任せればいいのか迷ってしまった経験はありませんか。また、「こんなに安くなるの?」と疑問に感じるチラシもチラホラ見かけます。
ここでは、安心して外壁塗装を任せられる業者選定に役立つ、チラシのチェックポイントを解説します。

まずはどんな外壁塗装業者かをチェック

外壁塗装のチラシを配布しているのは、大手業者やホームセンターなど複数あります。実績の豊富な大手業者なら、保証やトラブル時の対応がしっかりしているメリットもありますが、地元の外壁塗装業者と比べると、費用が高くつくケースもあります。
だからといって、地元業者に依頼するほうが効率的かというと、一概にそうとも言えません。地元業者の中から優良な外壁塗装業者を探すためには、情報収集に労力がかかってしまいます。また、大手業者のほうがアフターケアのサービスが充実しているケースもあるなど、価格とサービス内容をトータルに判断する必要があるからです。

また、リフォーム業者やホームセンター、営業会社は外壁塗装を受注した場合、塗装業者に施工案件を紹介する仕組みになっているのが一般的。紹介料としてマージンが発生するため、価格が高くなるケースがあるのです。

それぞれの業者によって価格の仕組みも違えば、サービス内容も異なります。そのため、外壁塗装のチラシを手にしたときは、どんな外壁塗装業者が配布しているチラシかを見極め、なぜこういった価格になっているのかを理解した上で業者選びをするようにしましょう。

商品力がしっかりと伝えられているかをチェック

チラシに期間限定のキャンペーン価格などが大々的に打ち出されていると、ついついそこに目が行きがちです。しかし、外壁塗装の依頼価格は決して安いものではありません。適正な価格かどうかはもちろんのこと、塗料の品揃えやサービス内容が分かりやすく伝えられているかどうかをじっくりとチェックしましょう。

商品ごとの価格とその違いが明記されているか

チラシをチェックする際は、主力商品ごとの価格やその違いがしっかりと明記されているかどうかを確認してください。単に安い価格だけで訴求しているのではなく、それぞれの商品にはどういった違いがあるのかなど、比較・検討できる情報が掲載されているかをチェックしましょう。

選べるプランが目的に応じて複数用意されているか

使用する塗料はいくつかの選択肢が用意されているかどうかチェックするのも重要です。手軽に外壁を美しくしたい場合と、耐久性を求めて外壁塗装をする場合では、使用する塗料も異なります。目的に合った塗料が選べなければ、満足のいく外壁塗装の施工は実現できません。複数プランの中から選べるチラシ内容になっているかも重要なチェックポイントなのです。

主力商品以外の情報ももれなく掲載されているか

主力ではない商品情報も裏面にしっかりと掲載されているかどうかもチェックしてください。他にも、「10年工事保証付きで安心!」など、施工後のアフターケアについての情報が掲載されているかどうかもチェックしましょう。チラシは価格を伝えるだけでなく、外壁塗装業者としてのサービス内容を伝えるのも目的のひとつです。安心して施工を任せられる業者かどうか、チラシの掲載内容から判断するようにしましょう。

工事範囲がどこまでなのかをチェック外壁塗装のチラシに掲載されている価格をパッと見ただけでは、家の壁面をすべて塗ってもらえるものだと勘違いしてしまうケースもあります。掲載されている価格の工事範囲がどこまでなのかチェックするのもポイントのひとつです。なぜなら、チラシの価格に外壁塗装工事のすべての費用が入っていないことがあるためです。

たとえば、外壁面の塗装だけの価格表示になっていたり、足場の費用が含まれていなかったりと、チラシによって価格の表記は異なります。掲載されている価格にどういった工事が含まれているかをしっかりとチェックしましょう。

工事範囲のチェックポイント

外壁塗装で「家の壁面をすべて塗る価格」として含まれているべき工事内容は、「足場の養生代」「高圧バイオ洗浄代」「外壁塗装代」「付帯部塗装代」などです。これらすべての工事を請け負ってくれる価格かどうかのチェックは欠かせません。

「付帯部塗装代」の文字だけを見ても、家のどの部分を指しているのかピンとこない人も多いことでしょう。付帯だからそこまで重要じゃないのでは? と感じてしまうかもしれませんが、実は外壁塗装価格のうち多くの部分を占めています。具体的には、次のような部分にあたります。

  • 紫外線を受けて色落ちが目立つ軒樋・堅樋
  • 家屋の外側に使用されている木部
  • 錆が発生しがちな鉄部
  • スチール製の雨戸やシャッターボックス、戸箱など
  • 軒天と呼ばれる屋根の軒裏
  • 水の侵入を防ぐゴム状のコーキング

これらが付帯部と呼ばれる部分にあたります。外壁塗装という商品名のため、外壁を塗ることだけをイメージしてしまいがちですが、家の外壁には付帯部もあるということを意識し、それらが工事範囲に含まれているかどうかチェックしましょう。

チラシに掲載されているお得な価格に魅力を感じ見積りを依頼した結果、予想以上に高い価格が提示されることはよくあることです。それらを確認せずに契約してしまうと、塗ってもらうつもりだった部分が塗装されていなかったなどのトラブルにつながってしまいます。依頼後のトラブルを未然に防ぐためには、チラシに掲載されている価格の工事範囲がどこまでなのか入念にチェックしましょう。

チラシにもコストがかかっていることを意識する外壁塗装の広告宣伝に用いられるチラシ。塗装業者が配布するチラシにはコストがかかっています。集客に大きなコストをかけているかどうかも、外壁塗装価格を判断する上では重要なポイントになります。

華やかにデザインされたチラシを制作するためには、広告会社や印刷会社などに依頼するため、コストがかかってしまいます。また、チラシの配布に新聞折込やポスティングを利用していれば、配布コストも発生しています。それだけの費用をかけて集客するのですから、外壁塗装の価格に影響しないとは言い切れません。

いくつかのチラシを見比べてみると、凝ったデザインのチラシに目が行きがちです。しかし、地元業者が自社で制作し、会社のプリンターで印刷したチラシのほうが、チラシの制作コストが抑えられている分、良心的な外壁塗装価格の設定になっているケースもあるのです。

また、集客の方法はチラシだけではありません。自社ホームページをうまく活用し、集客コストを抑えている外壁塗装業者もあります。立派なデザインのチラシだからといって安心するのではなく、チラシのコストも工事費に影響していることを意識してみましょう。

適正価格で安心の施工を依頼する

外壁塗装は決して安価な工事ではありません。そのため、安さばかりが強調されたチラシこそ、本当にその価格で納得の施工をしてくれるのかどうか、冷静にチェックする必要があるのです。チラシに掲載されている内容に加え、自らもしっかりと情報収集を行うことで、チラシの掲載内容が安心できるものかどうか判断できるようになります。適正な価格で安心の施工をしてもらえるよう、チラシのチェックポイントはしっかりと押さえておきたいものですね。

この記事のカテゴリー
  • 塗装会社の選び方
  • 外壁塗装の基礎知識

pagetop

提示額から追加なし 全国対応 年中無休

  • 担当者にチャットで相談
  • 0120-676-383にお気軽にお電話ください
  • ネットで見積もり