無料電話

無料相談

メニュー

外壁塗装は、正しく外壁の劣化状況を見極め
正しい補修を行うことが重要です。

外壁塗装をする際に気をつけたいのが、外壁のクラック(ひび割れ)やシーリングの劣化です。
このような劣化が起きている場合は、まず補修を行うことが大事です。劣化した箇所をそのままにして塗装工事を行っても、塗料の密着性が悪く、
塗装がすぐに剥離したり膨れたりしてしまいます。

クラックが起こる原因と補修方法

ヘアークラックの場合

ヘアークラックとは0.2~0.3mm以下の、髪の毛のように細くて短いひび割れのことです。
ヘアークラック
  1. 原因1経年による塗膜の劣化
    外壁の素地は、天候や気温によって膨張と収縮を繰り返します。
    塗膜が劣化して弾性がなくなると、この膨張・収縮に耐えきれなくなり、ひび割れを起こします。
  2. 原因2不適切な塗装工事
    工事にかかる日数やコストを抑えるため、中塗りを十分乾燥させないまま仕上げの上塗りを行った場合にひび割れが発生します。
  3. 原因3塗料選びの失敗
    弾性のある素地に硬質の塗料を塗装すると、素地が動いた際に塗料が伸びず、ひび割れが起こります。

ヘアークラックの補修方法

ヘアークラックの補修方法

劣化の程度が低ければ、上塗りの再塗装だけで対応できます。
しかし劣化が素地にまで及んでいる場合は、古い塗膜を全てはがし、
全面を塗り替える必要があります。

乾燥クラックの場合

乾燥クラックとは外壁材の乾燥工程で、
水分の蒸発により収縮が起き、塗膜に生じたひび割れのことです。
乾燥クラック
  1. 原因1水分の蒸発による外壁収縮による劣化
    モルタルなどの外壁材は、施工時の乾燥工程で収縮します。
    しかし、十分に乾燥させないままその表面に塗装を行うと、収縮する素地の動きに塗膜が耐えきれなくなり、ひび割れが発生します。

乾燥クラックの補修方法

乾燥クラックの補修方法

エポキシ系樹脂をクラックに充填し、柔らかい微弾性フィラーで下塗りします。
最後に弾性のある塗料で上塗りします。

構造クラックの場合

構造クラックとは、長さ0.3mm以上、または深さ0.5mm以上の、外壁材に発生する大きな
ひび割れのことです。放置すると建物自体の強度の低下を招くため、早期に補修が必要です。
構造クラック
  1. 原因1建物の構造的な欠陥が原因です。
    地震などにより歪みが生じ、その力が外壁材に伝わってひび割れが生じます。

構造クラックの補修方法

構造クラックの補修方法

外壁材に生じたクラックの表面を削り落とし、目地を作ります。
ゴミなどを丁寧に取り除いた後下塗りし、その後シーリングで目地を埋めていきます。
最後に補修用の塗料で塗装し、表面を保護します。

縁切れによるクラックの場合

縁切れによるクラックとは外壁材の塗り継ぎ部分で生じるひび割れのことです。
縁切れによるクラック
  1. 原因1外壁材の施工不良が原因です。
    モルタルなどの外壁材を施工する際、途中で作業の中断ややり直しを行うと、古い外壁材と新しい外壁材の塗り継ぎ部分でひび割れが生じます。

縁切れによるクラックの補修方法

縁切れによるクラックの補修方法

構造クラックと同様の方法で補修を行います。
クラックが大きいと、補修にかかる時間も費用も多くなります。
劣化が軽微なうちに塗り替えを検討されることをおすすめします。

シーリングの劣化と補修方法

シーリングとは

シーリングとは

サイディングとサイディング間の目地部分に入れる弾力のあるゴムのような素材です。サイディングが地震や天候の変化によって動いたり反ったりした際、その衝撃を吸収しサイディングへの負荷を低減します。
シーリングはサイディングよりも劣化が早いので、こまめに状態をチェックし、メンテナンスを行う必要があります。

シーリングが劣化すると

シーリングが劣化すると

シーリングが劣化し、断裂したりボロボロになると、そこから雨水が外壁内部に浸入します。
すると、外壁材の腐食やサビにつながり、家全体の劣化を早めてしまうことになります。

シーリングの補修方法
打ち替えと打ち増しの2種類の方法があります。
打ち増しのほうが安い費用ですみますが、長い目で見ると、打ち替えを行うほうが安心です。
劣化状況や家の環境に応じて、適切な判断が求められます。
1打ち替え
打ち替え

劣化した既存のシーリングを完全にはがし、ゴミや汚れをきれいに取り除きます。
その後、新しいシーリング材を注入し、ヘラで平らにします。

2打ち増し
打ち増し

劣化した既存のシーリングの表面を切り取り、上から新しいシーリングをかぶせます。

こんな業者に注意
表からは見えない部分はシーリングの補修をせず、目に見える部分だけを補修して
塗装工事を行う手抜き業者も存在します。雨樋の後ろなど、表から見えない細部のシーリング補修も重要なので、
しっかりと補修しているかを確認しておきましょう。

外壁.comは、専門知識を有するスタッフが
塗装前に外壁の劣化をしっかり判断し、必要に応じた補修を行います。

外壁やシーリングの状況を丁寧にチェックし、劣化箇所をすみずみまで把握。
熟練の職人がクラックやシーリングをしっかり補修した上で塗装を行いますので、塗料の密着性が高まり、
仕上がりが良くなります。
丁寧な作業で、優れた施工品質をご提供いたしますので、外壁補修は外壁.comに安心してお任せください。

外壁補修についてのよくある質問

外壁のひびを放っておくとどのような問題が起こるのでしょうか?

ひびが大きくなると、そのひびから雨水が壁の内部に侵入します。水分が内部に浸透していくと構造体の腐食に繋がり、大がかりな修繕が必要となります。

髪の毛程度の小さなひびを見つけたのですが補修が必要でしょうか?

必要です。特に構造には影響はありませんが、クラックが大きくなると雨水などが侵入して、下地にダメージを与えてしまうことがあります。早めの補修をおすすめします。

シーリングにひびや隙間を見つけたのですが補修を行った方が良いでしょうか?

はい、補修した方が良いです。シーリングは外壁・屋根よりも劣化の進行が早く、シーリングの劣化によるひびや隙間から雨水が浸入して構造体の腐食につながると、大がかりな修繕が必要となります。

屋根の補修も相談したいのですが対応できますか?

はい、できます。お気軽にご相談ください。

取り急ぎ自分で応急処置を行いたいのですが可能でしょうか?

小さなクラック(ひび)であれば可能です。ホームセンターなどで売っているコーキング材(微弾性フィラー)をクラックに充填し、ハケで均しながら刷り込むように処置してください。
大きなクラックについては専用の処置が必要となりますので、ご相談ください。

外壁補修後、外壁塗装も依頼したいのですが可能でしょうか?

はい、可能です。お気軽にご相談ください。

外壁の補修が必要か無料で点検を行っていただくことはできますか?

はい、できます。お客様のご都合の良い時にお伺いいたします。お気軽にご相談ください。

外壁以外にもドアやサッシの補修も行って欲しいのですが可能ですか?

はい、可能です。気になる箇所を事前にお知らせください。外壁と合わせてチェックし、適切な補修をいたします。

木造住宅なのですが補修を相談できますか?

はい、できます。外壁ドットコムは木造住宅の外壁・屋根の補修についても実績がありますので、安心してご相談ください。

外壁の補修が行われた跡が目立たないようにすることはできますか?

はい、できます。しかし、目立たなくさせるには様々な機材が必要・工数がかかりますので、専門業者に依頼されることをおすすめします。お気軽にご相談ください。

外壁から室内に水がしみ込んでるようなのですが外壁に問題ありますか?

はい、問題が発生している可能性があります。水がしみ込んでいる場合は、外壁の防水機能が失われて劣化が進んでいる状態ですので、すぐにご相談ください。

外壁補修中外出してもいいですか?

はい、問題ございません。お出かけの際、特にお声掛けしていただく必要はありませんが、窓の施錠など戸締りはしていただくようお願いいたします。

外壁補修についてお気軽にご相談下さい。

外壁.comは、経験を積んだ一流の職人が塗装を行います。施工品質に自信があるので、電話や訪問・チラシによる営業は一切行っておりません。そのため、営業にかかるムダなコストをカットした職人価格で、熟練の技術を
提供することができます。
また、高品質な資材を大量に仕入れることによって材料費が安くなり、さらにコストをカット。
低価格が実現しました。
お見積もりや現地調査は無料で行いますので、お気軽にご相談ください。

  • 無料相談
  • 0120-676-383

追加費用不要の外壁補修・外壁修理のお見積もり依頼は「外壁.com(外壁ドットコム)」にお任せください!追加料金なしの誠実価格でご対応させていただきます。

外壁・屋根のメンテナンスについて
 

pagetop

提示額から追加なし 全国対応 年中無休

  • 担当者にチャットで相談
  • 0120-676-383にお気軽にお電話ください
  • ネットで見積もり