無料電話

無料相談

メニュー

サイディングの種類や現状を詳細に診断します。
お客様の住宅に適した塗料を選定し、最適な塗装プランをご提案します。

サイディングは、品質が安定しており施工性が良いため、人気の高い外装材です。窯業系、金属系、木質系、樹脂系など、材質によっていくつかの種類があり、それぞれに優れた特徴を持っています。塗装の際は、その特徴に応じた塗料の選定や施工を行うことが大切です。
外壁.comには、サイディングの塗装に特化した専門スタッフが在籍しています。塗装前にはしっかりと現地調査を行い、サイディングの種類や現状を診断します。お客様の住宅に適した塗料をご提案いたしますので、確かな知識と豊富な経験を有する外壁.comのプロにお任せください。

サイディングの塗り替えの目安

サイディングは、材質に違いはあっても、新築からおよそ7年程度で塗り替えの時期が到来します。塗り
替え後は、塗料のグレードによって耐久年数が若干変わりますが、目安としては7~10年前後での塗り替
えが最適です。
また、次のような症状が現れ始めたら、耐久年数に関わらず塗り替えを検討したほうがよいでしょう。

サイディングの劣化
  • チョーキング現象
  • 塗膜の膨れ
  • クラック
サイディングでは、シーリング(目地)や塗膜から劣化が始まります。
そこから雨水が浸入し、そのまま放置すると反りやクラック、最悪の場合、はがれおちてしまいます。
そうなってしまうと張り替えが必要になるので、シーリングや塗膜の劣化が始まったら、すぐにメンテナンスを行う必要があります。
劣化はなかなかわかりにくいものですので、少しでも気になる症状があれば、外壁.comにご相談ください。専門家の目で外壁の状態を見極めます。
また、チャットによるご相談も受け付けております。小さなご質問やご不明な点にも親身になってお答えいたしますので、ぜひご利用ください。

サイディングの塗装方法

サイディングの塗装は、ただ塗り替えるだけでなく
下地やシーリングの状態に合わせて行います。

  1. 1.シーリング(目地)の劣化だけなら …
    シーリング材の打ち替え・打ち増し
    シーリング材の打ち替え・打ち増し
    サイディングは、ボードとボードの間の目地にシーリング材が埋め込まれています。
    シーリングはサイディングよりも劣化が早いため、塗り替えよりも先にシーリングのみのリフォームを
    行うのが一般的です。
    既存のシーリングを撤去し、新しいシーリング材を打つ「打ち替え」か、既存のシーリング材の上に新しいシーリング材を打つ「打ち増し」の2種類の方法があります。
  2. 2.チョーキングが始まっていたら …
    サイディングの塗装
    サイディングの塗装
    塗膜にチョーキング現象や膨れ・はがれが見られたら、塗り替えを行います。
    下地処理の後、サイディングを塗料で上塗りします。塗膜が外壁を保護する性能がよみがえり、耐候性
    が向上するため、紫外線や雨水によるダメージを軽減してくれます。
  3. 3.サイディングに大きなクラックや反り、はがれがあると …
    サイディングボードを張り替える
    サイディングボードを張り替える
    ボードのひび割れが大きかったり、反りやはがれが生じた場合は張り替えとなってしまいます。
    既存のボードをはがすか、既存のボードの上に新しいボードを張り付けます。
    また、雨水が建物内部に浸入し下地や建材が腐食していると、施工費用は、かなり高額になってしまいます。
    そうならない前の早めのメンテナンスが重要です。

劣化が少ないほど費用が安く、簡単な工事で済みます。

できるかぎりサイディングボードの寿命を伸ばすためにも、
こまめにメンテナンスを行うことをおすすめします。
「どんなメンテナンスが必要か分からない」
「塗装がどれだけ劣化しているのか知りたい」
そんな時は、外壁.comにお任せください。
外壁塗装専門のスタッフがお客様のご自宅にお伺いし、外壁調査を行います。劣化状況を診断したうえで、お住まいに最適なメンテナンス方法をご提案いたしますので安心です。

サイディングの塗装選び

サイディングと塗料には、相性があります。
サイディングの材質に適さない塗料を使用すると、塗膜の膨れや剥離の原因となるため、材質の特徴を理解したうえで塗料を選ぶことが大切です。

サイディングの種類

  • 窯業系
    窯業系
    セメントと木質系の繊維質を混合したサイディングで、耐震性や耐火性、遮音性に優れています。天然石調やタイル調などデザインも豊富なことから、今最も人気のサイディングボードです。
  • 金属系
    金属系
    金属板を原料としたサイディングで、断熱性や防水・防音性、耐久性に優れています。水分がボード内に浸入するとサビや腐食が発生するため、塗膜の劣化に注意が必要です。
  • 木質系
    木質系
    天然木や、木材片・木質繊維を原料としたサイディングです。断熱性が高く環境に優しいことが特徴で、木材独特のあたたかな風合いが人気です。水分に弱いため、こまめなメンテナンスをおすすめします。
  • 樹脂系
    樹脂系
    一般住宅にはまだそれほど広くは用いられていませんが、素材自体に顔料が練り込まれているため耐久性が非常に高く、長年にわたりメンテナンスが不要なサイディングです。

塗装時のポイント

窯業系サイディングボード
ボードの意匠性をそのまま生かしたい場合は、紫外線カット機能を備えたクリア塗料がおすすめです。また、タイル調のサイディングの場合、目地とタイル部分を塗り分ける「2色塗り分け工法」でコントラストを生むことができます。
金属系サイディングボード
サビ止めの塗料を下塗りした後、上塗りで仕上げます。サビを防ぐとともに、上塗りする塗料の密着性を高める効果があります。
木質系サイディングボード
木材が伸縮する性質を持っているため、弾力性のない塗料で塗装するとひび割れを起こす可能性があります。弾力性のある塗料で塗装することが大切です。
樹脂系サイディングボード
長年紫外線を浴び続けることでひび割れや色あせが起こる可能性があるため、紫外線対策用の塗料で表面を保護しておくと安心です。

外壁.comの専門スタッフは、
ここでご紹介したポイント以外にも深く広い知識を有しています。

お住まいのサイディングボードの材質や塗料の性質はもちろん、住宅環境やご予算をふまえ、
お客様お一人おひとりの住まいに最適な塗料をご提案いたします。
そして、メーカーが提示する耐久年数の間、塗料がしっかりと外壁を保護できるよう、責任を持って施工いたします。

サイディング塗装についてのよくある質問

サイディングに種類はあるのでしょうか?

サイディングには、材質の違いから、窯業系・金属系・樹脂系・木質系などの種類があります。材質によって、メンテナンス方法やメンテナンス時期が異なりますので、お住まいのサイディングボードの材質や塗料の性質はもちろん、住宅環境やご予算をふまえ、 お客様お一人おひとりの住まいに最適な塗料をご提案いたします。

サイディングの塗り替えの目安はありますか?

材質に違いはあっても、新築や前回の外壁塗装からおよそ7年程度で塗り替えの検討時期になります。

サイディングの塗装ではなく、サイディング自体の張り替えも可能ですか?

はい、可能です。

まずは建物のサイディング状況を調査して欲しいのですが相談できますか?

はい、できます。
点検・ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

サイディングの間のゴム部分が劣化しているのですがどうしたらよいでしょうか?

放っておくとサイディングの劣化にもつながりますので、専門家に相談されることをお勧めいたします。

サイディング塗装の費用をなるべく抑えたいのですが提案してもらえますか?

お住まいのサイディングボードの材質や塗料の性質はもちろん、住宅環境やご予算をふまえ、お客様お一人おひとりのお住まいに最適な塗料をご提案いたします。

サイディング塗装の対応エリアを教えて下さい。

対応エリアは一部の地域を除き全国です。お気軽にご相談ください。

サイディングは、洗浄だけでもキレイになりますか?

はい、洗浄することで表面の汚れは取れますが、塗膜が劣化している場合は塗膜もはがれてしまうことがありますのでご注意ください。

塗装の際、近隣の方に迷惑がかかりますか?

事前に工事のご説明を近隣の方にご説明をさせていただきます。その上で、養生をしっかりと行い、塗料の飛散に注意して施工いたしますのでご安心ください。

塗装前に近隣に事前に説明を行っていただけるのでしょうか?

はい、施工担当者より粗品をお持ちし、工事の内容や期間についてご説明に伺いますのでお客様が行っていただく必要はございません。

塗装中、外出したいのですが可能ですか?

在宅の必要はございませんので、普段通りの生活をしていただけます。

サイディングの塗装だけでなく扉や塀・雨樋の塗装も依頼したいのですが可能ですか?

はい、可能です。気になる箇所がございましたら、なんなりとご相談ください。

屋根の塗装も行って欲しいのですが可能ですか?

はい、可能です。屋根も同時に劣化してまいりますので、別に屋根だけを塗装するよりも、外壁と同時に行うことで施工費が抑えられますのでお勧めです。

サイディング塗装中、普段の生活と変わりはないでしょうか?

はい、普段通り生活していただけます。ただし、お洗濯物に関しては、工程によって汚れが付着してしまう場合がありますので、室内で干していただくようお願いいたします。

サイディングにへこみやキズ、ひびがあるのですが塗装で解決しますか?

状態にもよりますが、大きな損傷については補修できません。

室内のリフォームも相談できますか?

はい、お気軽にご相談ください。

サイディングボード自体に寿命はあるのでしょうか?

材質によって異なりますが、メンテナンスをきちんと行っていれば、サイディングボード自体は30年~40年と言われています。ただし、7~10年ごとに適正なシーリングや塗装などのメンテナンスを行っていないと、寿命は短くなってしまいますので注意が必要です。

塗装中は洗濯を干せないのでしょうか?

注意して作業いたしますが、どうしても汚れや塗料が付着してしまうこともありますので、出来るだけ室内で干していただくようお願いしております。

庭に大切な植栽があるのですが保護していただけますか?

植栽や車など、塗料が付着しないよう、きちんと養生させていただきますのでご安心ください。

塗装作業がスムーズに行えるように事前に準備しておくことはありますか?

工事の前に、注意事項を明記した資料をお渡しいたします。よくお読みいただき、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

外壁.comは見積もりシミュレーションに表示された価格 ”そのままで” 外壁塗装を行います。

簡単に塗装工事の費用が分かるように無料見積もりシミュレーションをご用意しております。
一般的な見積もりシミュレーションでは、現地調査の後に補修工事やオプション等で追加料金が発生し、
結局当初の見積もりの費用を大幅にオーバーしてしまった、ということが多々あります。

外壁.comの見積もりシミュレーションでは、お客様に条件をご選択いただき、
算出された金額をそのまま正式な外壁塗装費用として工事をお受けすることができます。

現地調査による費用の誤差は5%以内に抑え、
ご契約後の追加料金も一切発生いたしませんのでぜひ安心してお試しください。

  • 無料見積もりへ「見積もりシミュレーションに表示された工事費用そのままで工事をします。」
  • 0120-676-383

追加費用不要のサイディング塗装のお見積もり依頼は「外壁.com(外壁ドットコム)」にお任せください!追加料金なしの誠実価格でご対応させていただきます。

外壁・屋根のメンテナンスについて
 

pagetop

提示額から追加なし 全国対応 年中無休

  • 担当者にチャットで相談
  • 0120-676-383にお気軽にお電話ください
  • ネットで見積もり