無料電話

無料相談

メニュー

サイディングボードの種類や状態を確認し
最適なボード補修プランをご提案しますのでお気軽にご相談下さい。

年月が経つにつれて劣化し、外壁を保護する機能を失ってしまったサイディングボードの塗膜は、塗り替えることで防汚性や親水性などの機能が再生します。ただし、塗膜だけでなくボード自体が損傷している場合はサイディングボード自体の補修が必要です。素地が傷んだ状態のサイディングボードに
塗装を行った場合、塗膜の劣化が早く、塗料メーカーが掲示する本来の機能を発揮することができません。
メーカーが掲示する耐久年数の間、塗料が本来の機能を発揮し続けるためにも、まずはしっかりとした下地処理を行うことが大切です。

サイディングボードチェックポイント

サイディングボードの劣化は大きく分けて、塗装の劣化とボード本体の損傷とサイディングボードの隙間を埋めるシーリング材の劣化があります。これらの症状を放っておくと、雨水がサイディングボード内に浸入し、内側より壁面の劣化が始まり、ボードの反りやはがれにつながります。そのため、適切なメンテナンスを行うことがサイディングボードの寿命を延ばすことになり、美観だけではなく、お家全体の劣化も防ぎます。以下の様な症状を確認した場合は、早急に補修を行うことをおすすめします。

サイディングボードの劣化
  • チョーキング現象
  • ボードの反り
  • ボードのひび割れ
サイディングボードは施工が早く美観に優れた外壁材として多くの住宅に利用されていますが、築10年を過ぎたころから、サイディングボードの繋ぎ目のシーリング材の劣化、ボード自体の劣化が進み塗装のはがれやひび割れなどの症状が現れ始めます。
壁を触った際に白い粉が付く「チョーキング現象」を確認した場合は、塗装膜の劣化の症状で防水性が失われた状態です。
また、ボードの反りやひび割れが発生している場合は、ボード内に既に浸水が始まり、内部より外壁を劣化させている可能性があります。
放っておくと、建物自体の寿命が短くなる原因となりますので早めの対策が必要です。
シーリングの劣化
  • シーリングの亀裂
  • シーリングの亀裂
  • ボロボロにシーリング
サイディングボード同士の継ぎ目には、防水性や気密性を保つためにゴム状のシーリング材が埋め込まれています。
シーリング材は、主に紫外線によって劣化し、徐々にはがれたり割れたりしてきます。シーリング材が劣化することでサイディングボードの隙間から雨水等が浸水し、ボードの内側から劣化が進んでしまい、外壁の寿命が短くなる原因となります。

予定より早い塗装の劣化は
最初の塗装工程に不備があった可能性があります。

下地の補修は、外壁塗装の工程の中で最も重要と言っても過言ではありません。どんなに性能の良い塗料を
使っても、下地処理がしっかりとされていなければ、塗装後に塗膜がすぐに膨れたりはがれたりします。

また、下地処理がされていない外壁の上から塗料を塗られてしまうと、下地処理の品質を見ることはできな
いため、技術のない塗装業者に任せると、手抜きが発生しやすい工程です。

例えば、外壁材にクラックや欠損がある場合、その症状に合った工法でひび割れを埋めなければなりません。また、場合によっては、サイディングボードの張り替えも必要になります。下地を適切
に補修せずにそのまま塗装してしまうと、クラックから内部に浸入した水分が塗装後に蒸発
し、塗膜を押し上げてしまいます。これが塗膜の膨れやはがれの原因になります。また、ボ
ードの目地や窓周りのシーリング材が劣化していたら、劣化状況に応じてシーリング材の補
修も行います。劣化が激しい場合は、古いシーリング材を撤去して新しいシーリング材に打
ち替えることも大切です。厚みのあるシーリング材でボード間に弾力をもたせることで、地震などによる揺れや建物へのダメージを緩和させる役割があります。

補修の品質が外壁の耐久性を左右します。

一口に補修と言ってもさまざまな工法があり、ただひび割れを埋めればいいというわけでは
ありません。どうしてクラックや欠損が起きたのか、その原因を見極め、今後同じことが起こらないようにその
根本原因を取り除くことが大切です。

補修の品質が外壁の耐久性を左右
外壁.comは、塗装だけでなく下地の補修に必要な左官作業や大工作業にも優れた技術を有する職人が丁寧に対応いたします。どうしてクラックが起きるのか、どんな箇所に発生しているのか、漏水はないか、など総合的に判断し、適切な工法で補修を行うことが可能です。熟練の職人が丁寧かつ優れた技術で下地の補修作業を対応いたしますので、塗装の仕上がりにも大きな差が出ます。もちろん、補修の内容や補修が必要な理由については施工前にしっかりとお客様にご説明いたしますので不安なことがありましたらなんでもご相談ください。
下地処理をしっかりと行えば、防水工事の仕上がりがよくなり、塗料の密着性も高まります

補修を適切に行えば、塗料は外壁を守ってくれます。

下地処理をしっかりと行えば、防水工事の仕上がりがよくなり、塗料の密着性も高まります。つまり、下地処理をきちんと行っているかどうかで、塗料が外壁を保護する力や耐久性が変わってしまうのです。
外壁.comは、塗装前に外壁の状態をすみずみまでチェックします。
下地のひび割れ・欠けがある部分や、サビ・汚れのついた部分、シーリング材の劣化箇所を徹底的に洗浄・補修。塗膜がしっかりと外壁を保護できるように、高い施工品質で下地処理を行います。

サイディング補修についてのよくある質問

サイディングに大きなひびがあるのですが補修できますか?

ひびの状態や大きさによって対応が異なってきますので、専門家にご相談いただくことをお勧めいたします。外壁.comでは無料で点検もいたしますので、お気軽にどうぞ。

サイディングに大きな穴が開いてしまったのですが補修できますか?

小さい穴なら、コーキング剤で補修が可能ですが、大きな穴の場合は難しいかもしれません。また、コーキング剤の材質によって、外壁塗装が出来なくなる場合もありますので、ご注意ください。

サイディングの劣化を放っておくとどうなるのでしょうか?

建物の内部に水が浸入し、雨漏りや内部の腐食などにつながり、大規模な修繕が必要となることもあります。手で触れて白い粉がつくようでしたら、劣化のサインです。

サイディングの間のゴム部分が劣化しているのですが補修可能でしょうか?

はい、補修可能です。お気軽にご相談ください。

とりあえず自分でサイディングの応急処置をしたいのですが可能ですか?

状態によっては可能ですが、間違った処置で、さらに悪化することもありますのでご注意ください。

訪問見積りは可能でしょうか?

はい、可能です。無料でお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。

サイディングに髪の毛程度のひび(ヘアクラック)を発見したのですが補修した方が良いですか?

髪の毛程度のひびならば、すぐに対応が必要な状況ではありませんが、触って手に粉がつく、浮きが生じているなど、他の症状が発生していないか注意してください。

サイディングの補修ではなく交換することはできますか?

はい、可能です。お気軽にご相談ください。

サイディング補修と同時に屋根の補修も行って欲しいのですが可能ですか?

はい、可能です。お気軽にご相談ください。

1ヶ所だけ補修してほしいのですが対応可能ですか?

はい、可能です。お気軽にご相談ください。

雨漏りしているのですがサイディング補修で治るのでしょうか?

サイディングが原因ならば、補修で治る場合もあります。ただ雨漏りしている箇所や状態によって対応が変わってきますので、原因をしっかり確かめる必要があります。

定期的にサイディングの診断を行った方が良いのでしょうか?

5年から7年ごとに劣化状態を確認することをお勧めいたします。

耐震補強も相談したいのですが可能でしょうか?

はい、可能です。耐力面材の役目を持ったサイディング材もございますので、ご相談ください。

玄関タイルの補修も相談できますか?

はい、可能です。お気軽にご相談ください。

サイディングの補修後、塗装も相談したいのですが可能でしょうか?

はい、可能です。外壁塗装をされるご予定があれば、塗料にあった方法で補修をいたしますのでご安心ください。

市販されている外壁補修キットを使用しても問題ないでしょうか?

問題はございませんが、必ずサイディングの材質や塗料に合わせた補修材を使って頂くようご注意ください。ご不明な場合は、ご相談ください。

サイディング補修についてお気軽にご相談下さい。

外壁.comは、経験を積んだ一流の職人が塗装を行います。施工品質に自信があるので、電話や訪問・チラシによる営業は一切行っておりません。そのため、営業にかかるムダなコストをカットした職人価格で、熟練の技術を提供することができます。
また、高品質な資材を大量に仕入れることによって材料費が安くなり、さらにコストをカット。
低価格が実現しました。
お見積もりや現地調査は無料で行いますので、お気軽にご相談ください。

  • 無料相談
  • 0120-676-383

追加費用不要のサイディング補修のお見積もり依頼は「外壁.com(外壁ドットコム)」にお任せください!追加料金なしの誠実価格でご対応させていただきます。

外壁・屋根のメンテナンスについて
 

pagetop

提示額から追加なし 全国対応 年中無休

  • 担当者にチャットで相談
  • 0120-676-383にお気軽にお電話ください
  • ネットで見積もり