無料電話

無料相談

メニュー

防水処理をしっかり行い、
外壁内部への水分の浸入を防ぎ、外壁の耐久性を保ちます。

塗装工事の前に行う下地処理の工程のひとつに「外壁防水工事」があります。
防水工事をしっかり行うことで、外壁内部への水分の浸入を防ぎ、外壁の耐久性を保ちます。
中には、防水工事を行わず塗装のみを行う施工会社も存在しますが、外壁.comは外壁防水工事を外壁塗装の重要な工程と考えています。
なぜなら、防水機能が失われた外壁は、建物全体の寿命を縮めてしまうからです。また、外壁の防水機能が衰えてしまっていては、
いくら高級な塗料で塗装しても建物を守ることはできません。外壁の防水が機能していないとどのような症状が現れるのか、具体的にご紹介します。

防水工事チェックポイント

室内の湿気に悩んでいませんか? 外壁の防水機能の低下が原因かもしれません。

室内の湿度が高く、クロスが湿気ではがれてしまったり、カビが発生してしまったり・・・
そんなトラブルでお悩みはありませんか?その湿気の原因は、外壁にあるかもしれません。
外壁の塗膜が劣化すると、外壁材自体にひび割れが生じたり、目地のシーリングが欠損したりと、
さまざまなトラブルが発生します。

  • 外壁のクラック
    塗膜が劣化したまま放置していると、外壁が直接紫外線や風雨にさらされ、外壁材にひび割れが生じる恐れがあります。また、地震によっても外壁にひび割れが発生することがあります。
  • シーリングの痩せ、割れ
    最近主流の外装材「サイディング」は、ボードとボードの継ぎ目をシーリング材で埋めています。サイディングは優れた耐久性能を持っていますが、シーリングは劣化が早く、5年を過ぎると「痩せ」や「割れ」といった症状が現れ始めます。

こうした症状が現れ始めると、すき間から外壁内部に水分が浸入し、
雨漏りがないのに室内のクロスが湿気ではがれてしまうといった症状が起こるのです。

外壁の防水効果を高めることが、建物の寿命を保ちます。
外壁のひび割れから内部に水分が浸入すると、雨による水分や湿気によって外壁内部の腐食が始まります。ひどくなると外壁から室内へ水分が漏れ出したり、さらには外壁の強度が低下して家が傾く恐れも出てきます。 こうした症状が発生してしまうと、リフォームするにも大がかりになり、費用も高くなってしまいます。手の施しようがない状態にさせないためにも、外壁塗装を行う際にはしっかりとした外壁防水工事を行い、防水性の高い外壁の基礎づくりを行っておくことが大切です。
外壁の防水効果を高めることが、建物の寿命を保ちます

ひび割れやシーリングの劣化によって生まれたすき間を埋め、建物内部への水分の浸入を防止します。
一見不具合がないように見えていても、細かく調べていくと劣化が始まっている場合もあります。「ひび割れがないからまだ大丈夫」と外見だけで判断せず、塗料やシーリングの耐久年数が近づいたら、塗膜が劣化する前に早めのメンテナンスをおすすめします。

外壁.comでは、塗装工事を行う前に専門知識を有するスタッフがお客様のお住まいにお伺いし、外壁の塗膜から外壁材内部の劣化まで丁寧に診断いたします。診断結果をもとに、お住まいの外壁に適した防水工事の内容をご提案いたしますので、ご不安やご質問がありましたら、なんでもお気軽にご相談ください。

外壁防水の施工品質が塗装の耐久性を左右します。

塗装工事が終わると、外壁防水工事が適切に行われたかどうかは見た目で判断することができません。
そのため、手抜き工事を行う会社も中には存在します。
しかし、防水工事の施工品質が良くないと、外壁の塗り替えを行っても塗膜の劣化が早く、塗料が耐久性・耐水性などの本来の機能を発揮することができません。

外壁防水工事が適切に行われていないと…
外壁防水をしっかりと行わずに塗装を行った場合、外壁内部に浸入した水分が塗膜を押し上げ、塗料の膨れやはがれといった症状が発生します。塗膜だけでなく外壁自体の劣化も早めてしまい、結果的に建物自体の寿命を縮めることにつながるのです。

外壁.comでは、
豊富な実績を有するプロが誠実かつ丁寧に外壁防水工事を行います。

熟練の技術により優れた施工品質を提供することができるので、水の浸入をしっかりとシャットアウトする外壁になります。もちろん、塗装の仕上がりにも差が出ます。
塗装を長持ちさせたい、外壁を丈夫に保ちたい、という方はぜひ外壁.comにご相談ください。徹底した外壁防水が、強い外壁づくりに役立ちます。
また工事前や工事中でも、ご不明な点がありましたら担当者や現場のスタッフにお気軽にご質問ください。お客様にご安心いただけるよう、丁寧にお答えいたします。

外壁塗装についてのよくある質問

部屋の湿度が異常に高い気がするのですが、外壁の防水効果が低下している可能性はありますか?

はい、その可能性はございます。外壁の防水効果が低下して雨水などが外壁内部に浸入すると、お部屋の湿度が異常に高くなることがございます。

屋根でなく外壁から雨水が浸入することはあるのでしょうか?

はい、ございます。外壁にひび割れが生じていたり、サイディングボード間に埋め込まれているシーリング材に剥がれや劣化などが生じていると、外壁から雨水が浸入してしまいます。

どこから雨漏りしているか自分で調べる方法はありますか?

はい、ございます。ただ雨漏りの原因はさまざまで、専門家にしか原因が分からないことも多いので、雨漏りの原因箇所を正確に把握するためには専門家に依頼されることをおすすめします。

屋根からの雨漏りも相談できますか?

はい、ご相談ください。経験豊富な専門のスタッフが対応いたします。

外壁の水漏れにより、内部のクロスが剥がれているのですが、防水工事後張り替えしてくれますか?

はい、クロスの張り替えもお受けいたします。

至急の対応をお願いしたいのですが対応可能ですか?

はい、可能でございます。ただ、状況によっては至急の対応が難しい場合もございますので、まずはお問合せください。

雨漏りの点検は無料でしょうか?

はい、点検は全て無料で承っております。お気軽にお申し付けください。

取り急ぎ自分で応急処置をしたいのですが方法を教えて下さい。

はい、ホームセンター等で扱われているシーリング材をひび割れなどに充填することが考えられます。しかしながら、外壁の欠落など、欠損範囲が大きい場合、一般の方では適切な応急処置が難しいので、早急に専門家へご相談ください。

遠方の実家の雨漏り修理を依頼したいのですが可能ですか?

はい、可能でございます。お気軽にお申し付けください。

壁にひび割れがあるのですが雨漏りはしていません。防水工事した方が良いですか?

はい、早急な防水工事をおすすめいたします。目に見えて雨漏れが確認できなくても、ひび割れからの浸水で外壁内部にカビが発生したり、腐食したりしている可能性がございます。

防水工事後、外壁塗装をお願いしたいのですが相談できますか?

はい、お気軽にご相談ください。

防水工事後も雨漏りが起こるのですが対応してくれますか?

はい、対応いたします。

日中外出したいのですが、外壁防水の工事は行えますか?

はい、工事中であってもご自由に外出していただけます。

外壁防水についてお気軽にご相談下さい。

外壁.comは、経験を積んだ一流の職人が塗装を行います。施工品質に自信があるので、電話や訪問・チラシによる営業は一切行っておりません。そのため、営業にかかるムダなコストをカットした職人価格で、熟練の技術を提供することができます。
また、高品質な資材を大量に仕入れることによって材料費が安くなり、さらにコストをカット。
低価格が実現しました。
お見積もりや現地調査は無料で行いますので、お気軽にご相談ください。

  • 無料相談
  • 0120-676-383

追加費用不要の外壁防水のお見積もり依頼は「外壁.com(外壁ドットコム)」にお任せください!追加料金なしの誠実価格でご対応させていただきます。

外壁・屋根のメンテナンスについて
 

pagetop

提示額から追加なし 全国対応 年中無休

  • 担当者にチャットで相談
  • 0120-676-383にお気軽にお電話ください
  • ネットで見積もり