無料電話

無料相談

メニュー

長年の雨風で傷んだ屋根を放っておくと雨漏りにつながり
屋根から浸入した水が建物の構造部分を腐食させる可能性があります。

屋根材の劣化が進むと屋根塗装や防水工事だけでは、本来の屋根の機能を発揮できなくなり雨漏りなど建物の構造に問題が生じる可能性があります。
このような場合は新しい屋根材に葺き替えることをおすすめします。

屋根材の種類と葺き替え時期の目安

日本瓦

日本瓦の場合

他の屋根材に比べて耐久力が非常に高いのが特徴です。
瓦の下のルーフィング(防水シート)だけを交換すればよい場合も多く、葺き替えが必要かどうかは慎重に見極める必要があります。

耐久年数
40~60年
スレート屋根

スレート屋根

雨、風によりスレート材が劣化すると、下にあるルーフィング(防水シート)が劣化し始め、
雨漏りにつながる可能性があります。

耐久年数
15~20年
トタン屋根

金属屋根

銅板を亜鉛メッキしたもので、最近はガルバリウム鋼板が主流です。
金属屋根は雨水により徐々にサビが拡大します。放っておくと穴があき、
ルーフィング(防水シート)を傷め、雨漏りに繋がります。

耐久年数
6~10年

上記の耐久年数はあくまでも目安です。

こんな症状が出たら、早めに葺き替えを検討しましょう。

  • 天井から雨漏り

    天井から雨漏りがしている

  • 瓦が大きく破損

    瓦が大きく破損している

  • トタン屋根が錆びている

    全体的に錆びている

  • スレートが劣化している

    スレートが大きく劣化して
    いる

築年数や住宅の環境、劣化の度合いに応じて、最適な方法でメンテナンスを行うことが大切です。
屋根の劣化は、直接見る事が出来ない場合が多く、見上げただけでは判断しにくいので、まずは屋根調査のプロ
にお任せください。専門家が屋根の調査を行い最適な塗装プランをご提案致します。

屋根のどの部分まで交換が必要か見極めることも重要です。

屋根は主に3つの構造に分かれています。一番下にはコンパネ合板、その上にルーフィング(防水シート)を貼り、屋根材を設置することが
一般的です。屋根材の劣化による浸水が防水シートを超え、コンパネ合板、骨組みまで到達し腐食させた場合、屋根の修理は通常の葺き替え
作業より高額になりますので早めの屋根調査をおすすめします。

  • コンパネ合板

    コンパネ合板

  • ルーフィング(防水シート)

    ルーフィング(防水シート)

  • 屋根材

    屋根材(瓦・スレート・トタンなど)

屋根の状態により部分的な屋根の葺き替えもご提案します。

部分的に屋根の劣化が見られる場合は、部分的な屋根の葺き替えで
対応可能な場合があります。
全体の葺き替えに比べて費用を大幅にカットする事ができ、工期も
短く対応することが可能です。
屋根の専門家が屋根の状態を慎重に調査し、ムダのない屋根の葺き
替えプランをご提案しますのでお気軽にご相談下さい。

葺き替え工事の流れ(和瓦の例)

屋根調査
屋根調査

専門家がお客様の家にお伺いし、屋根の劣化状況を確認します。

屋根調査の案内ページはこちら

2古い屋根材の撤去
古い屋根材の撤去

既存の屋根材を撤去します。取り外した屋根材は、落下しないように丁寧に重ねて整理します。

3コンパネ合板の補修・補強
コンパネ合板の補修・補強

雨漏りなどの深刻な問題が起こっている場合は、表面の屋根材の葺き替えだけにとどまらずに、防水シート下のコンパネ合板の補修・補強も行います。

4ルーフィング(防水シート)の貼り付け
ルーフィングの貼り付け

ルーフィング(防水シート)をコンパネ合板に貼り付けていきます。
ルーフィングに隙間が出来てしまうと雨漏りの原因になりますので丁寧に作業します。

5瓦桟木を取り付け

屋根材に瓦を使用する場合は、瓦を固定するための桟木を取り付けます。

6屋根材の取り付け
屋根材の取り付け

屋根材の取り付けを行います。
ルーフィング貼り付けと同様、設置にムラや隙間があると雨漏りの原因になりますので、丁寧に慎重に作業を行います。

7棟瓦の取り付け
棟板金の設置

雨水が浸入しないように耐水性に優れた漆喰を丁寧に塗り棟瓦の設置を行います。

8完成
屋根の葺き替え作業が完了

屋根の葺き替え作業が完了しました。
最終チェックを行い作業終了の報告を致します。

手抜き工事にご注意を

屋根の劣化状況の確認や、工事終了後の確認は高所のため一般の方では非常に難しく、外見では屋根材がキレイに並んでいるよう
に見えますが、中のルーフィング(防水シート)やその下のコンパネ合板などの状況は確認する事が出来ません。
屋根材が腐食して雨漏りしているのに、表面の屋根材だけの葺き替えなど、その場しのぎの工事を行う業者もいます。
屋根の葺き替え作業がいい加減だと、浸入した水に建物の重要な構造材が腐食される深刻な状況になる場合があります。
このような問題が起こらないように、業者にはしっかりと質問をして、丁寧に答えてくれる会社を選びましょう。

屋根の葺き替えについてのよくある質問

部分的な屋根の葺き替えは可能でしょうか?

瓦の一部に割れや欠けがある場合、その箇所だけを葺き替えることは可能です。お客様の御要望にあわせ、適正な工事をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

雨漏りがひどいのですが屋根の葺き替えで改善できるのでしょうか?

屋根から雨漏りが発生する原因は屋根材の劣化やヒビ、浮きなどにより屋根の下に水が侵入してしまう事です。また、屋根の瓦の下にある防水シートの劣化も原因の一つと考えられます。この2つが原因の場合、屋根の葺き替え工事が必要となり、雨漏りを改善することができます。

屋根の葺き替えが必要か、事前に調査してもらうことはできますか?

はい、可能です。屋根の状態をしっかり調査させていただき、お客様の御要望にあわせ、適正な工事をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

どうして屋根の葺き替えが必要なのでしょうか?塗装では駄目なのでしょうか?

塗装で補修できる場合もありますが、屋根材が著しく劣化や破損している場合や、屋根の下地が腐っている場合など、どうしても葺き替えが必要となります。

トタン屋根なのですが葺き替え可能ですか?

はい、可能です。お気軽にご相談ください。トタン屋根もガリバリウムやチタン、銅、ステンレスなどの耐久性のある素材のものもありますので、ご予算や立地などお客様の御要望にあった葺き替え工事をご提案いたします。

耐震対策用の瓦に葺き替えたいのですが提案してもらえますか?

はい、可能です。お気軽にご相談ください。軽量で減震性能を持つ防災瓦や、スレート屋根に変えるなどの工事もご提案可能です。また、耐震改修等工事について補助金制度がある自治体もあり、対象となる場合もありますので、工事をご検討の際は、お住まいの自治体に確認ください。

屋根葺き替えに合わせて、外壁も塗装したいのですが相談できますか?

はい、可能です。別々に工事をするよりも足場設置工事など共有できる項目がありますので、工事費用が安くなることが多いため、同時に工事をされる方が多いです。ぜひお気軽にご相談ください。

遠方の実家の屋根の葺き替えを相談したいのですが対応できますか?

はい、可能です。まずはご相談ください。外壁.comは全国対応しておりますので、当社と直接契約をしている信頼のある職人が工事させていただきますのでご安心ください。

最新の屋根材を提案して欲しのですが、提案してもらえますか?

はい、可能です。低コスト・耐久性・遮熱性など、高機能な屋根材のご提案も致しますので、お気軽にご相談ください。

瓦屋根からスレート屋根への変更は可能でしょうか?

はい、可能です。ただ、瓦屋根は断熱性が高く、スレート屋根に葺き替えた際は、屋根裏の温度が5度程度上昇してしまいます。その結果、2階の室内温度が高くなるデメリットが出てきます。また、スレート屋根は7~10年毎の塗り替えが必要となり、メンテナンスコストも大きくなりますので、デメリットをご理解の上ご検討ください。

屋根塗装を定期的に行うと葺き替えの必要はないですか?

はい、適切な時期に適切なメンテナンスを行うことで、葺き替えが必要になるほどの劣化状態にはなりません。

大きな工場のトタン屋根の葺き替えは相談できますか?

はい、可能です。まずはご相談ください。

屋根の葺き替えは経験豊富な職人に任せましょう

屋根材や屋根面積や形状、勾配によって費用は変わります。
塗装業者によっても大幅にことなります。外壁.comにお気軽にお問合せください。
屋根の葺き替え工事の実績多数のスタッフが現地調査にお伺いし、適正に価格を算出いたします。

  • 無料相談
  • 0120-676-383

追加費用不要の屋根の葺き替えのお見積り依頼は「外壁.com(外壁ドットコム)」にお任せください!追加料金なしの誠実価格でご対応させていただきます。

外壁・屋根のメンテナンスについて
 

pagetop

提示額から追加なし 全国対応 年中無休

  • 担当者にチャットで相談
  • 0120-676-383にお気軽にお電話ください
  • ネットで見積もり