無料電話

無料相談

メニュー

雨漏り防水工事

屋根材が劣化し雨水が防水シートの隙間から浸入すると、内部の構造材を腐食させ、
建物に深刻な問題を引き起こします。雨漏りがある場合はすぐにご相談下さい。

屋根は、一年中雨風や日差しを受ける劣化しやすい部分です。環境にもよりますが、屋根の施工後7年程度から屋根の劣化が下からの見た目で分かるようになります。更に近くから屋根の状態を確認すると、屋根材にひび割れやズレなどが起こっている場合があります。
これらを放っておくと屋根材の隙間から雨水が浸入する場合がありますので注意が必要です。浸入した雨水が建物の構造材につたわり腐食させる場合もあります。雨漏りを確認した場合は、既に屋根に深刻な問題が起こっている場合がありますので、すぐにご相談下さい。

こんな症状が出たら注意

  • 棟板金や釘の浮き棟板金や釘の浮き
  • スレートのひび割れスレートのひび割れ
  • 漆喰の崩れ漆喰の崩れ
  • 瓦の割れ、ずれ瓦の割れ、ずれ
  • 谷樋に穴が開いている谷樋に穴が開いている
  • 屋根が劣化でボロボロ屋根が劣化でボロボロ

定期的に危険な症状が出てないかチェックしましょう

塗膜が劣化すると、水をはじく力が弱くなり、屋根材に水が浸入します。
これを放っておくと凍結や乾燥を繰り返し、屋根材がひび割れるなどのトラブルに。
ひび割れや浮きから雨水が浸入し、室内への雨漏りにもつながります。
塗り替える前に、雨漏り修理などの防水工事を行うことが大切です。

こんな場合も、もしかすると雨漏りかもしれません

雨漏りは屋根材のズレや割れなどから浸水して起こるだけでなく、外壁の塗装不良やひび割れからも起こります。
天井や壁にシミができていたり、クロスがはがれたりしていれば、雨漏りの可能性があります。
特に日中光が入らない部屋だと、気づかないまま雨漏りが進んでしまっているケースもあります。
構造材にまで被害がおよぶ前に調査をしてシミの原因をつきとめ、雨漏り修理等の対策を行うことが大切です。

すでに雨漏りが始まってしまった場合は、早急に防水工事を行いましょう。

屋根材の交換
破損した屋根材を交換する事で雨水の浸入を防ぎます。
穴や隙間をシーリングで埋める
棟板金の隙間から水が浸入する場合がありますのでシーリングで対応します。
屋根の葺き替え
屋根の葺き替えは最終手段。大掛かりで費用も高額です。
葺き替えが必要となる前に、雨漏りが発生したら早急に専門の業者にご依頼ください。
原因をしっかりと突き止めて、二度と同じところから水が漏れないように対策することが大切です。

手抜き工事や過剰工事にご注意を

雨漏り修理の際は、雨漏りを止めるだけでなく、構造材や屋根材に劣化がないかしっかりとチェックする必要があります。長年雨漏りが続いていた住宅の場合、屋根材が腐食してしまっているケースもあるためです。中には、屋根材が腐食しているにも関わらずシーリングで埋めるだけなど、その場しのぎの手抜き工事も起こっています。
また逆に、シーリングだけで対応できるにも関わらず、大掛かりな工事を勧める会社も存在します。
施工会社が、10年後、20年後まで見据えて、本当に屋根のこと、家のことを考えてくれているかどうかを判断することが大切です。雨漏りの原因や工事の内容について質問をしてみて、丁寧に答えてくれる会社を選びましょう。

雨漏り防水工事についてのよくある質問

屋根裏や2階の湿度が異常に高いのですが、雨漏りの可能性はありますか?

家の中の湿気が貯まっている可能性もあるので雨漏りが原因かどうかは調べてみなければわかりません。一度、住宅メーカーに問い合わせをされることをお勧めいたします。

天井にシミができているのですが、雨漏りでしょうか?

はい、その可能性があります。シミが出来ているということは、構造物の躯体にも影響が出ている可能性が高く、早急に専門業者に調査を依頼し対策を検討されることをお勧めいたします。

屋根が屋上になっているのですが防水工事は可能でしょうか?

はい、可能です。お気軽にお問い合わせください。外壁.comでは、主に塗膜防水工事を行っておりますが、広さや環境、ご予算に合わせて他の工法もご提案させていただくことも可能です。

屋根ではなく、外壁から雨漏りすることはあるのでしょうか?

雨漏りは、外壁や屋根など、構造部が劣化した箇所から起こります。雨漏りが発生している段階では、外壁・屋根ともにかなり劣化が進んでいると考えらますので、外壁・屋根ともに早急なメンテナンスが必要です。

雨漏りにより屋根の部材が腐っている場合、補修可能なのでしょうか?

はい、可能ですが、補修だけでは雨漏りが再発する可能性も高く、屋根全体の葺き替え工事をお勧めいたします。

雨漏りがひどく至急の修理を相談したいのですが対応可能ですか?

はい、可能です。お問合せフォームからご連絡ください。すぐに現地調査に伺います。

雨漏りはしないのですが、屋根が破損しているようです。修理した方がいいですか?

今雨漏りが無くても、破損部から雨水が浸入し、いずれ雨漏りするようになります。放置すると、家の内部にも影響を及ぼし、大規模な修繕になりますので、なるべく早めに屋根の修繕を検討してください。

防水工事後、屋根の塗装、外壁塗装など相談できるのでしょうか?

はい、可能です。お気軽にご相談ください。もし家全体のメンテナンスをお考えの際は、まとめて工事をご依頼いただくほうが工事費用が安くなることが多いため、防水工事をご検討の際には、屋根や外壁の塗装についても合わせてご相談ください。

屋根からの雨漏りでクロスが剥がれているのですが、防水工事後に、クロス張替の相談はできますか?

はい、可能です。お気軽にご確認下さい。クロス内部の木部に腐りやカビなどが発生している場合もありますので、雨漏りの際には室内の状態も合わせて確認をさせていただきます。

他社に依頼しても雨漏りが止まらず困っています。調査してもらえますか?

はい、可能です。お気軽にご相談ください。ただ、家全体の防水工事をしても雨漏りが続く場合は、施工不良などが原因の場合もありますので、お家を建てた住宅メーカーや工務店にご相談いただく必要がある場合もございます。

雨漏修理、防水工事は経験豊富な職人に任せましょう

外壁.comは、しっかりと防水工事を行います。
職人の技術で防水工事を行うので、屋根材が長期間本来の性能を発揮することができます。
質問にも丁寧に答えますので安心してお任せください。

  • 無料相談
  • 0120-676-383

追加費用不要の雨漏り防水工事のお見積り依頼は「外壁.com(外壁ドットコム)」にお任せください!追加料金なしの誠実価格でご対応させていただきます。

外壁・屋根のメンテナンスについて
 

pagetop

提示額から追加なし 全国対応 年中無休

  • 担当者にチャットで相談
  • 0120-676-383にお気軽にお電話ください
  • ネットで見積もり