無料電話

無料相談

見積もりシミュレーション特許取得

塗るだけで!?暑さや寒さだけでなく臭いや騒音も防ぐガイナ!

外壁.comは
ネット上の見積り価格そのままで施工可能!
明瞭で適正な価格と工事をご提供致します。

  • この記事のカテゴリー
  • 外壁塗装 塗料の種類
  • 屋根塗装 塗料の選び方
  • ガイナ

No,71

no71塗るだけで!?暑さや寒さだけでなく匂いや騒音も防ぐガイナ!

ガイナ塗料とは、外壁や屋根、内装などに塗るだけで、暑さや寒さ、臭いや騒音といった様々な問題を解決できる株式会社日進産業が開発した断熱セラミック塗材です。

ガイナは、特殊セラミック層で構成されており、この特殊セラミックは、周辺温度に適応する性質をもっており、熱の均衡化をもたらし、熱の伝導を抑える働きがある特殊な塗料です。
ここではガイナ塗料の優れた5つの特徴と費用、注意点や欠点についてお知らせ致します。

■ガイナ塗料で暑さが防げる理由(断熱・遮熱)

太陽光に含まれる赤外線が、ガイナの塗料に含まれる「球体セラミック」に侵入すると、プリズム効果で反射と屈折を繰り返し、屋内に侵入するエネルギー量を軽減させます。また「遮熱物質」配合のセラミックが、赤外線を反射することで、さらに熱料を低減させることで、建物外部での熱の発生を抑え、室内の温度を下げる効果があります。
また、内装にも塗装することで、外からの熱を室内に伝えない為、エアコンの冷気温度とガイナ塗装表面との温度が適応し、冷房効率が向上し省エネにもつながります。
また平成29年には、優れた省エネ性能をもつ製品に授与される省エネ大賞を受賞しており、その効果は折り紙つきです。

■防寒対策にも有効なガイナ塗料(断熱・保湿)

熱エネルギーは高いところから低いところへ移動する性質を持っており、いくら家の中があったかくても、外気温が低ければ、どんどん家の中の暖かい空気は放熱されてしまいます。
ガイナを外壁に塗装すると、室内からの放熱を抑えることができ、暖房効率が上がります。
また、外からの冷気の移動を抑えるため、室内の温度低下を防ぐことができるのです。

■ガイナ塗料の防音効果とは?(遮音・防音)

ガイナの塗膜は、セラミックの中に空気を含んだ球体の多層構造となっており、音が通過しようとすると、セラミックで反射され、空気で吸収を繰り返す構造となっています。さらに塗膜内に侵入してきた音が、セラミックが多層となっていることで、振動が軽減される構造となっています。
その為、ガイナの塗装によって、室内外の騒音が軽減される効果が期待できます。

■臭いも対策できるガイナ塗料!(空気質改善)

一般的に、空気中では、ホコリやチリ、花粉などはプラスの電気を帯び浮遊しています。また、臭いや空気中の浮遊物は、壁や天井に静電付着します。これが蓄積され、アレルギーなどの原因にもなってしまいます。
ガイナは、帯電性0.0という性質を持っており、塗装面に静電付着することを防ぐことができるのです。
また、ガイナに含まれる特殊セラミックが熱や光エネルギーを受け、遠赤外線を放出。遠赤外線が室内の水分子に作用し、マイナスイオン化されます。マイナスイオン化した水分子は、空気中の浮遊物質と結合し、浮遊を抑え、快適な空気環境を作り出します。

■優れた耐久性や安全性を持つガイナ塗料の効果(ノン結露・耐久・安全・不燃)

住まいの中は、窓だけではなく、壁や天井・押し入れの中など、さまざまな場所に結露が生じます。結露は温度差によって生じるため、温度の低い場所にできやすいのですが、ガイナを塗装することで、温度差が生じにくくなり、結露の発生が抑制されます。
また、紫外線への耐久性の高いセラミックを多層化しているため、通常の塗料の2〜3倍の耐久性があり、断熱・遮熱性能によって、建物の膨張・伸縮を最小限に抑えます。
一般的な塗料は、有機溶剤を使用するものも多く、多少なりとも塗装時には臭いが発生します。ところがガイナは有機溶剤を使用しない水性のため、安全性も評価されています。
そして、国土交通省より建築材料の不燃性能に関して、政令で定められた最上位ランクの「不燃材料」としての認定を受けています。

■宇宙技術を応用したガイナ

宇宙航空研究開発紀行(JAXA)は、ロケット打ち上げ時の熱から、機体および人工衛星を守るためにロケット先端に塗布するための断熱技術を開発しました。その技術を応用し、民間用に転用したものがガイナなのです。住宅だけではなく、大規模構造物や公共事業等へ、さらなる活用も期待されている塗料なのです。

■ガイナ塗料の施工費用について

施工費用については、一般的にはシリコン塗装の1.2~1.5倍程度となるでしょう。
ただ、塗料としての耐久性も高く、断熱・遮熱性能による光熱費の削減や、
結露を防ぐことから構造体への影響の低減も期待できるため、
長期的に考えれば、そう高いとは言えないでしょう。
ただし、腕のよい職人でなければ、充分な効果は発揮できないため、業者選び
は慎重に行いましょう。

■ガイナ塗料が扱えない?認定工務店制の注意点

注意喚起イメージ

ガイナの施工は、品質や性能の維持のため、認定施工店制をとっています。特殊セラミックが配合されていることもあって、塗料の粘性が高く、取り扱いにくい、というデメリットもあります。
そのため、ガイナの施工がしたい場合は、認定施工店であるかどうか、事前に確認をしましょう。

■ガイナのデメリット

メリットの多いガイナですが、デメリットももちろんあります。
色は基本色として25色の用意がありますが、濃い色が出せない為、淡色しか選ぶことができません。
また、塗料の性質上、つや消しでの施工しかできない為、艶感のある仕上げが希望の場合は適していません。
特殊セラミックが配合されていることもあって、高粘度の塗料のため扱いにくく、仕上がりが職人の熟練度にも多少なりとも左右されます。ただし、認定施工店しか取り扱いが出来ない為、そう心配することはないでしょう。

■ガイナ塗装は取り扱い認定施工店の外壁.comにお任せください!

外壁.comはガイナ取り扱い認定施工店です。
現地調査でしっかりとお家の状態を確認させていただいた上で、最適な塗装のご提案をさせていただきます。

外壁.comについて詳しく知りたい方はコチラ

お家の冷暖房費が高い、クーラーや暖房が効かない、結露でカビが気になる、などの場合は、ぜひガイナでの塗装もご相談ください。

この記事のカテゴリー
  • 外壁塗装 塗料の種類
  • 屋根塗装 塗料の選び方
  • ガイナ

外壁.comは
ネット上の見積り価格そのままで施工可能!
明瞭で適正な価格と工事をご提供致します。

リフォーム無料見積もり

0120-676-383 営業時間 9:00?21:00

pagetop

提示額から追加なし 全国対応 年中無休

  • 0120-676-383にお気軽にお電話ください
  • ネットで見積もり

お見積もりシミュレーションでリフォーム金額(追加費用なし)をすぐにご提示いたします